ガイストランドバイス

簡単な説明:

自動ストランドガイバイス

ストランドバイスは自動支線デッドエンドとも呼ばれ、通常は電柱の下部に配置される円錐形のアクセサリです。ここでそれはダウンに接続します 支線。ストランドバイスは、行き止まりのアプリケーションに接続されている架空線でも使用されます。その主な機能は、支線と架空ケーブルを終端することです。

ストランドバイスは、フィンガートラップの原理を使用してケーブルに取り付けるように設計されています。ここでは、スプリングがそのジョーをケーブルに突き出しているため、ツールが設定されています。あごが上にスライドするのを防ぐために、あごが解放されます。

ストランドバイスの良いところは、ケーブルにトルクを加えるためのナットがないことです。これは、袖にそれを圧縮する必要がないことを意味します。

ストランドバイスの頑丈な構造により、幅広いアプリケーションやさまざまな環境で信頼性が高くなります。強度だけでなく、化学的破壊からも保護された亜鉛メッキ鋼が特徴です。

ストランドバイスは、ミョウバン溶接、亜鉛メッキ、アルミメッキ、EHS、スチールストランドなどのさまざまなストランドで使用できます。

ストランドバイスの設計により、さまざまな工業用ストランドと互換性があります。ユニバーサルベール設計のおかげで、幅広いワイヤをサポートできます。


製品の詳細

製品タグ

Oveview

自動ストランドデッドエンド&スプライスは、主に電話および電気事業者が、ポールトップおよびアンカーアイでストランドまたはロッドを終端するために使用します。サスペンションストランド、ガイストランド、スタティックワイヤー用。空中サポートストランドメッセンジャーを終了するために使用され、ダウンガイの上端と下端で使用されます。オールグレード自動ストランドデッドエンドは、ブランド名、コーティング、鋼の種類によって識別され、記載されている直径範囲内の7線ストランドおよび単線用ですが、3線ストランドおよびAlumnoweldではありません。亜鉛メッキ亜鉛コーティング、アルミメッキ、およびベタルムでの推奨される使用法。

応用: •オーバーヘッドまたはダウンガイワイヤーを使用する行き止まりのアプリケーションの場合•「ユニバーサルグレード」は、アルモウェルド、アルミ化、EHS、および亜鉛メッキ鋼での使用が推奨されます•「すべてのグレード」は、コモングレード、シーメンスマーティン、高強度ユーティリティグレードでの使用が推奨されます。亜鉛メッキおよびアルミメッキ鋼ストランド

特徴:

  • 幅広い配線範囲に対応
  • 最低90%のRBMを保持できます
  • さまざまなスチールストランドで使用できます
  • 簡単で迅速な設置のためのシンプルなデザイン
  • オーバーヘッドとダウンの両方の支線に適しています
  • 円錐形のデザインは、ストランドをしっかりとグリップすることを保証しますautomatic guy wire

锥型耐张线夹-详情页_05

1.アンカーベイルをアンカーアイの周りに置き、ベイルレッグを一緒に絞って滑らせます
保釈金の上のヨークは終わります。図1を参照
2. LONG取り付けベイルをヨークの外耳に取り付け、チェーンを接続します
ホイストフック。図2を参照
3.チェーンホイストを支線に取り付け、張力をかけて支線のたるみを取り除きます。
4.ヨークに挿入してグリップユニットを取り付けます。**色付きのプラグを取り外さないでください**図3を参照してください
5.グリップユニットをヨークに挿入した後、グリップユニットがグリップユニットになるまで、グリップユニットをひねります。
「泡」は外側を向いており、ヨークに固定されています。図3bを参照
6.適切な設置と長期的な性能を確保するために、端がきれいにカットされ、
バリ、擦り切れていません。ケーブルは真っ直ぐで象眼細工である必要があります(曲がり、よじれ、または曲がりがないこと)
7.すべてのストランドがパイロットカップに入るようにガイワイヤーを挿入し、グリップを通してガイワイヤーを押し込みます
それが着色されたプラグを変位させ、グリップユニットを出るまでユニット。図4を参照
8.ワイヤーをガイドしてアンカーアイをクリアします。図4bを参照してください
9.支線を希望の張力に調整して取り付けを完了します。
10.取り付けを視覚的に検査し、ホイストを取り外します。図5を参照してください
•GDEシリーズの行き止まりは90%RBSMAXで評価されています
•これらのインストール手順は参照用です。すべての安全ガイドラインに従う必要があります。これらの指示
ユーティリティプロトコルに取って代わらないでください。
automatic splice 2

  • 前:
  • 次:

  • 関連製品